2017年講演会・イベント情報

林 恭子さん講演会 不登校・ひきこもり~子どものキモチ、親のキモチ~

林さん講演会img

子どもの気持ちを聴くことができるチャンスです

不登校・ひきこもりの状態になった子どもはなかなか気持ちを話してはくれません。まだ整理して話すことができないのかもしれないし、話したくない理由があるのかもしれません。そんなときには、ほかの経験者の話を聴くことで、わが子への理解が深まることがよくあります。
もちろん、事情や経緯はひとりひとり違いますが、共通するヒントが必ずあるものです。

どのような理解が子どもを回復に導くのでしょうか?

講師の林恭子さんは、不登校とひきこもりの経験者です。長く苦しい時期を過ごされ、親や周囲の人たちとの気持ちのズレも経験していらっしゃいます。そんな林さんに、本当はどう理解してほしかったか、そしてどんな出会いがあって元気になっていけたのか、などについてお話いただきます。ぜひお越しください。質疑応答の時間も設けています。

■講師:林 恭子さん
横浜市在住。高2で不登校、20代半ばでひきこもりを経験。
信頼できる精神科医と「ひきこもりについて考える会」での多様な人々との出会いを経て 30 代半ばで回復に向かう。2010年頃から仲間と”当事者発信”を開始し、当事者・経験者の生の声を伝える活動をしている。
一般社団法人ひきこもり UX 会議代表理事、 新ひきこもりについて考える会、ヒッキーネット世話人。

開催日時

2017年 10月15日(日)
13:30~16:00(受付 13:00)

会場

習志野市 市民プラザ大久保 1階交流スペース1
千葉県習志野市大久保4丁目2番地11号

アクセス

最寄りの駅:京成大久保駅 徒歩約12分
最寄りのバス停:「東邦大付属東邦中学・高校前」 徒歩1分
※JR総武線 津田沼駅からバスをご利用の方へ
JR津田沼 北口バスターミナル
4番のりば 三山車庫行、二宮神社行、八千代台駅西口行
5番のりば 日大実籾行、八千代台駅行
のいずれかに乗車し、約15分後、バス停「東邦大付属東邦中学・高校前」下車。
(済生会病院行に乗られますと、途中までしか来ませんのでご注意ください。)
大きい交差点の角が市民プラザ大久保です。(1階がガラス張りの建物)

※駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください。

定員

40名※予約制ではありません。

資料代

1,200円

これまで開催された「講演会・勉強会」

2016年
・講演会一覧は【こちら】

2015年
・講演会一覧は【こちら】

2012年
・「生き辛さをつながりに」Part2-精神科医療と不登校・ひきこもり・発達障がい―
講師:高岡健さん
・「『親のつらさ』と『子どものつらさ』ってどう違うの? Part2」
講師:内田良子さん

2011年
・「『親のつらさ』と『子どものつらさ』ってどう違うの? Part1」
講師:朝倉影樹さん、勝山実さん
・「子ども、若者にとって“居場所”その可能性とは?」-親としてスタッフとして-
講師:増田良枝さん

2010年
・「不登校・ひきこもりの子どもの心に寄り添って」
講師:内田良子さん
・当事者、親シンポジウム 「不登校・ひきこもり-体験から学ぶ」
講師:当事者・親

2009年
・「生きづらさに寄り添って」
講師:朝倉景樹さん
・「不登校・ひきこもりから学んだこと」
講師:西野博之さん
・「ひきこもりと向き合う」
講師:石川良子さん

2008年
・『ひきこもり・不登校にどう向き合うか』~“対人関係の不調”や“強迫的こだわり”を理解する~
講師:内田良子さん
・「心の病って何? Part2」
講師:赤沼侃史さん

2007年
・「生き方下手でもええやんか ~ホッとするメッセージ一品持ちより会~」
・「不登校と社会性」
・「若者と語ろう 不登校・ひきこもり」

トップへ戻る
  • フリースクール ネモとは
  • フリースクール ネモはどんなところ?
  • フリースクール ネモの一日
  • フリースクール ネモのメンバーの声
  • フリースクール ネモのスタッフ紹介
  • フリースクール ネモの入会案内
  • 不登校なるほどコラム
お問合せ:047-411-5159(月・木・金・土の10時~17時) アクセス:京成大久保駅徒歩3分
無料の電話相談
フリースクールネモのブログ。日々の活動を紹介します。
親サロンのブログ。相談会や講演会の情報等掲載します。
通信ブログ。日々のつぶやきやお知らせを掲載します。
不登校・ひきこもりの全県交流合宿
年に一度の不登校・ひきこもりのお祭りです
不登校・ひきこもりのなるほどコラム
NPO法人ネモネットの会員を募集します。年6回の会報の発行、イベント参加の割引等受けられます。
NPO法人ネモネットの支援のお願いです